埼玉県本庄市   TEL 0120-23-1641   FAX 0495-24-2326
         ホーム   施工例   注目の塗料   環境対策   インフォメーション

         塗装工事管理者のつぶやき


 塗装工事にかかわらずリフォーム工事の殆んどが、クライアントである 居住者が実際に日常生活を営んでいる場合が多い。つまり、我々は如何 にお客様の日常の生活環境を変えずに工事を進めなくてはいけないか? という大命題が常に要求されている。私がかつて、工事管理をしていた頃 の苦労話をしたい。



 集合住宅の開放廊下塗床工事の件。当時、現在のような速硬性・速乾性 の材料が無く、縦割りに交互に仕上げることが多かった。しかし、これでは 必ずと言っていいほど塗り継ぎが目立ち見栄えが良くない。そこで、工事を 深夜に行うことが多かった。 当然、居住者には数週間前には工事予定を 周知徹底し、深夜0時までのご帰宅をお願いしていた。

 しかし、いざ工事を始めると泥酔してご帰還のご主人様などは施工中のことも あり、作業員がその方の靴を汚さないため背負って送り届けたりしてなんとか 対応はできる。当然、足跡はやり直すが。

 ところが、施工が無事終了し約束の翌朝6時までには乾燥・硬化が期待できる と、作業員一同、大げさな言い方だが手を取り合って喜び合う。がしかし、 8時に出社後、一番に現場に確認に向かうとなんと足跡が残っていたりする。 当然、犯人(失礼!)は容易に判明するが。勿論、だからといってこちらからは なにも言えない。


 日常の生活環境を変えずに、と言ってもやはり居住者の皆様には様々なご負担を 強いることになる。騒音、振動、塵埃、臭気、ベランダの使用制限、等々。 そしてなんと言っても洗濯物や布団を干せないことが日中ご在宅の主婦の皆様の 心配事である。大きな集合住宅ともなると縦割りに工区を決め、上から下への施工 が一般的となる。

そしてその工区での詳細な工程により、居住者には洗濯物の制限など最小限のご 負担をおかけする。しかし、その工区の中で工程・工程によりたった行一軒でも 洗濯物や布団などが干してあると工事ができないこととなる。

勿論、事前にお知らせはしてあるのだが訪ねても共働きのご家庭など、不在の場合が ある。工事者はそれらの物には手を出さないので、結局その日の工事は変更となり、 再工程を組まざるを得なくなる。他の居住者のご負担も大きくなり工期にも影響する。


 これらはほんの一例に過ぎないが、工事者として最小限にとどめる努力をしても 実際には居住者にはご負担を少なからずお掛けしている。ある工事で点検のため 足場をあるいているとベランダから呼び止められ、そのご家庭のご主人様とお話 をした。

 大半はお褒めの言葉であったので安心したが、ご主人様の背後から奥様がお盆 に乗せた茶菓をだされたのには驚いた。恐縮すると共に手摺を隔てた位置関係で お茶をいただくという、複雑な喜びを覚えたことがある。こんな経験は後にも先 にも初めてであった。

 工事管理者として居住者の皆様にはご挨拶の言葉を発することを自らも、そして 作業員にも徹底している。工事が完了し飛散防止用のメッシュ・シートを撤去し 足場を解体すると、そこには綺麗になった建物が目の前に現れる。奥様方の歓声を 完工の安堵感と共に聞く瞬間である。

 居住者にお願いした工事完成時の不具合などのアンケート調査の結果の一枚一枚 目に通し「ありがとうございました」などの感謝の言葉を読むと、思わずこちらも 工事期間中ご迷惑をお掛けしたお詫びの心で頭を下げたくなる。

 今日もこうして、現場では工事が進む。

----------------------- 内藤塗装工業(株) ----------------------

インフォメーション

優秀施工者国土交通大臣表彰
「建設マスター」受賞

ホーム へ